山口観光

萩 大照院

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

山口観光 萩 大照院山口観光 萩 大照院萩 大照院萩 大照院萩 大照院萩 大照院山口観光 萩 大照院
  • 大照院は、山口県萩市にある臨済宗南禅寺派の寺院です。中国三十三観音霊場第二十番です。延暦年間(8世紀ー9世紀初)に月輪山観音寺という前進寺院があったというが、創建の事情は定かではありません。その後鎌倉時代末期に建長寺の義翁和尚が大椿山歓喜寺と改め、臨済宗の寺院としました。その後荒廃したが、萩藩2代藩主毛利綱広が亡父の初代藩主秀就の菩提寺とするために承応3年(1654年)から明暦2年(1656年)にかけて再建し、その時秀就の法号にちなんで霊椿山大照院と改めました。寺は延享4年(1747年)に火災に遭い、現存する本堂等は、その後6代藩主宗弘によって再建されたものです。境内の萩藩主毛利家墓所は国の史跡で、初代(萩での藩主の代数は輝元を初代とせず、秀就を初代として数えている)秀就、2代綱広、4代吉広、6代宗広、8代治親、10代斉煕、12代斉広と2代から12代までの偶数代の藩主と夫人や藩士の墓石があり、墓前には藩士が寄進した石灯籠が600数基あります。ちなみに奇数代の藩主の廟所は萩市内の黄檗宗寺院東光寺にあり、秀就の父輝元の廟所は萩市の天樹院跡にあります。広島観光タクシー BLUEBLUEは、8月13日の迎え火の時をオススメしています。