広島観光

広島城

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

広島観光 広島城広島観光 広島城広島観光 広島城広島観光 広島城広島観光 広島城広島観光 広島城
  • 広島城は、広島県広島市中区基町にある日本の史跡です。国の史跡です。日本100名城の一つです。最も広かった時代の曲輪のうち内堀に囲まれた本丸と二の丸と三の丸の一部が現存し、広さ約12万㎡。大阪城や岡山城らと共に初期近世城郭の代表的なものであります。名古屋城、岡山城と共に日本三大平城とも言われます。江戸時代では西日本有数の所領となった広島藩42万6000石の太守浅野家12代の居城となり、江戸時代中期に書かれた『広島藩御覚所帖』で知るところでは、5重と3重の大小天守守群以下、櫓88基が建てられていました。1598年に毛利輝元によって創建された大天守は、1945年に倒壊するまで現存天守の中では岡山城天守に次ぐ古式を伝えるもので、下見板張りや最上階に高欄を持つ外観の仕様は国宝保存法下の国定指定(1931年)の理由の一つとなりました。近代は軍都広島の中心施設でした。日清戦争時に、本丸に大本営が置かれたという稀有な歴史を持っています。アメリカ軍による広島市への原子爆弾投下の際には破壊目標地点となり天守は倒壊しましたが、近年の研究で原爆による爆風で吹き飛ばされたのではなく建物の自重により自壊したことが判明しています。現在の天守は外観復元天守になります。広島市中央公園内の一施設であり、広島城全域が広島城址公園となっており、復元された大天守は歴史博物館として利用されています。公園全体は公益財団法人広島市みどり生きもの協会が、博物館(天守閣)は公益財団法人広島市文化財団が指定管理者として、広島護国神社は同神社、堀は広島市がそれぞれ管理しています。周辺は都市開発により城跡の面影はなく、城址公園域以外で確認できる遺構は、広島高等裁判所敷地内にある中堀土塁跡と、空鞘橋東詰南側の櫓台石垣程度です。広島観光タクシー BLUEBLUEでは、車窓からの観覧も可能です。