岡山観光

岡山城

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業をしております観光サービスグループです。

岡山観光 岡山城岡山観光 岡山城岡山観光 岡山城岡山観光 岡山城岡山観光 岡山城岡山観光 岡山城岡山観光 岡山城岡山観光 岡山城
  • 岡山城は、岡山県岡山市北区にある国指定の史跡です。別名は烏城(うじょう)金烏城(きんうじょう)です。戦国時代に、備前東部から興って、美作、備中東部まで勢力を伸ばした宇喜多氏が本拠としたことで近世城郭の基礎が生まれ、その後、小早川氏、池田氏のより整備、拡張が行われました。広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメは、石垣の博物館と言われる程、各時代の様々な積み方の石垣が見られるところです。岡山は標高が十数メートルの丘から連なる小高い土地に建設されました。当時、旭川河口部は複数の派川に分岐しており、その中の大州原と呼ばれる広大なデルタ地帯中央に「岡山」(柴岡山とも)、その西隣に「石山」、さらにその北西には「天神山」(天満山とも)の3つの丘が連なり、格時代ごとに要害として使用されたとされます。その中の石山にあった石山城(いしやまじょう)に宇喜多直家が入城・改築し、後に子の宇喜多秀家が隣接する岡山に新たに本丸を設け、石山城を取り込む形で城郭が建造されました。これが岡山城です。城の縄張は基本的には梯郭式となっており、三段の城郭配置が西側の一方だけに広がる平山城となっています。言いかえると本丸の北から東には郭の無い、非常に防備が薄い縄張です。そのため旭川の流路を変更し、天然の堀として東側の備えに利用したとされます。さらには郭の代りとして、「後楽(後楽園)」が築かれたともされます。天守が4重6階の複合式望楼型で、出入り口は付属している塩蔵に設けられています。特に初重平面型状が歪んだものではないかと言われているが、羽柴秀吉による大阪城天守を模しているという説もあります。その外観は黒漆塗の下見板が特徴的で、この印象から「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、同じ山陽道の隣県の「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれる姫路城と対比されることもあります。元禄時代の古地図からは、五重の濠に囲まれた城郭と、南北3.5km、東西1.3kmにおよぶ城下町の姿が伺えます。明治時代に御殿・櫓・門の大半が取り壊されました。堀は内堀の一部を除いてほとんど埋められましたが、街路は江戸時代の位置をほぼ踏襲している箇所が多い。さらに第二次大戦中、空襲のため天守・石山門を焼失しました。現在までに2つの櫓、本丸付近の石垣、内堀が残り、戦後に天守・不明門・廊下門・堀の一部が再建されました。現存する月見櫓・西乃丸西手櫓は国の重要文化財に指定され、「岡山城跡」として史跡にも指定されています。その他、京橋御門が岡山市南区小串に移築され現存しています。城跡は「烏城公園」として整備される一方、西之丸跡に山陽放送、林原美術館、岡山市民会館が、三之丸跡に岡山県庁、岡山県立図書館などの公共機関があります。近年本丸御殿の再建が検討されましたが、2008年度時点でもその目処は立っていません。また隣接する大名庭園・後楽園は水戸・偕楽園、金沢・兼六園とともに、日本三名園として並び称されます。