尾道 耕三寺

尾道 耕三寺

広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーなら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

広島観光

広島で人気の観光スポットを【広島観光タクシー BLUEBLUE】がご案内します。広島は見どころたっぷりの魅力あふれる観光都市です。日本三景の「宮島」(世界遺産)や、国の名勝「縮景園」また、原爆ドームを中心に原爆被害者に関する施設も多くあります。名物広島風お好み焼きと牡蠣、尾道ラーメンなどを堪能できます。【広島観光タクシー BLUEBLUE】のオススメ、西の東照宮と称される耕三寺は、壮大なスケールでビックリさせられます。大理石庭園の未来心の丘も必見です。広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーなら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

尾道 耕三寺

【広島観光タクシー BLUEBLUE】は、広島県広島市にて、広島観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービス会社です。

 
































 

広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメ、西の東照宮です。壮大なスケールでビックリさせられます。大理石庭園の未来心の丘も必見ですよ。耕三寺は、広島県尾道市(生口島)に所在する浄土真宗本願寺派の仏教寺院です。山号は潮声山。1936年(昭和11年)から伽藍の建立が始められた新しい寺院で、日本各地の古建築を模して建てられた堂塔が立ち並び、「西の日光」「母の寺」とも呼ばれます。このうち、山門・本堂をはじめ15の建造物が国の登録有形文化財として登録されています。また、仏像、書画、茶道具などの美術品・文化財を多数所蔵し、寺全体が1953年3月14日より博物館法による登録博物館となっています。無檀家寺院でもあります。耕三寺の開山は、大正・昭和期に大阪で活躍した実業家の金本耕三のちの耕三寺耕三。1927年(昭和2年)故郷瀬戸田に住む母のために邸宅「潮聲閣」を建て始めました(耕三寺内に現存)。母が1934年(昭和9年)に没すると翌1935年(昭和10年)、金本は母の菩提を弔うため出家して僧侶となり名を福松から「耕三」に改め、同年から母への感謝の意を込めて、潮聲閣周辺にて耕三寺の建立を開始しました。金本はかねてより、瀬戸田の地に誇りうる文化財のないことを残念に思っており、境内を日本各地の著名な歴史的建造物を模した堂宇で埋める構想を立てました。以来、30余年をかけて、日光東照宮陽明門を模した孝養門、平等院鳳凰堂を模した本堂などをはじめとした伽藍が完成しました。なお金本1956年(昭和31年)以降、自らを「耕三寺耕三」と名乗るようになった。陽明門を模した老養門から「西の日光」と呼ばれるようになり、瀬戸内海の観光地の一つとなりました。平成期に入ってからは、建築物の特殊性が評価され、15棟が登録有形文化財として登録されました。