香川 栗林公園

香川観光

香川の人気の観光スポットを広島観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。日本一小さな県「香川県」。香川と言えばやっぱり、うどんですが、それだけじゃないんです。一生に一度は行きたい金刀比羅宮、お金の最強パワースポット銭型砂絵、月見櫓が美しい高松城も外せません。かぼちゃでおなじみの直島をはじめとしたアート島巡り、風景明媚な小豆島観光も見逃せません。広島観光タクシー・広島貸切タクシー・広島ハイヤーのことならお任せください。

香川 栗林公園

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

 

香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
香川観光 香川 栗林公園
栗林公園は、香川県高松市に所在し、国の特別名勝に指定された回遊式大名庭園(日本庭園)です。県立の都市公園(歴史公園)として運営されています。紫雲山の東麓に所在し、紫雲山を背景に6つの池と13の築山を配し、400年近い歴史を有する大名庭園です。すぐれた地割と石組を有し、木石の雅趣に富んでいるとされています。面積は約75haで文化財庭園では、国内最大の広さです。文化財庭園としてのカエデ・ツツジ・約1000本の手入れマツなどに加え、都市公園としてのウメ・サクラ・ハス・ショウブ・ハギなどが創出する四季折々の景観は、「一歩一景」とされています。本園は、南庭を北庭で構成されています。南庭は江戸時代初期の大名庭園の姿を今日に伝えます。北庭は檜御殿が建ち鴨場であったが、大正時代初期に近代庭園のスタイルを取り入れた宮内省の市川之雄の設計で改修の後、一部を改変して今日に至ります。本園の前進の「栗林荘」は、高松藩主の松平家11代の国もとの下屋敷として、228年間使用されました。1745年(延享2年)第5代藩主頼恭が「名所60景」を撰名し、作庭が完成したとされます。「名所60景」は、南庭に46景と北庭に4景の、50景が現存します。南庭の「小普陀」の石組は、室町時代の作庭とされています。江戸時代初期に讃岐国を治めた生駒氏の分限帳で、「栗林」の呼称が確認できます。大名庭園としての本格的な整備は、生駒氏の改易(かいえき)後の、高松藩初代藩主の松平頼重の入部以降とされています。第3代藩主頼豊は御殿や茶屋などを充実させました。第5代藩主頼恭は薬園を設ける等、作庭に努めました。平賀源内は初代園頭として2年間務めました。第2代藩主頼常は泉の池の浚渫(シュンセツ)を行い、近辺数ヵ所の灌漑(かんがい)用水に使用しました。園内には3種類の気象庁の標本木があります。北梅林のウメ・讃岐民芸館前のサクラ(ソメイヨシノ)・楓岸のカエデです。高松地方気象台の「開花・満開・紅葉」の宣言は、これらの標本木に基づきます。

 

 

広島観光タクシー BLUEBLUE