広島 竹原街並み保存地区

広島 竹原街並み保存地区

広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーの事なら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

広島観光

広島で人気の観光スポットを広島観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。広島は見どころたっぷりの魅力あふれる観光都市です。日本三景の「宮島」(世界遺産)や、国の名勝「縮景園」また、原爆ドームを中心に原爆被害者に関する施設も多くあります。名物広島風お好み焼きと牡蠣、尾道ラーメンなどを堪能できます。広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメ、西の東照宮と称される耕三寺は、壮大なスケールでビックリさせられます。大理石庭園の未来心の丘も必見です。広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーの事なら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

広島 竹原街並み保存地区

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、広島観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービス会社です。

 











































 

広島観光タクシーが紹介するまでもなく、みなさんご存じの日本のウイスキーの父と呼ばれる、ニッカウイスキーの創業者、竹鶴正孝の出身地です。竹原市は古くから瀬戸内の交通の要塞として発展しました。室町時代より港町として知られ、江戸時代後期は製塩業で栄えました。現在は「安芸の京都」と呼ばれ、2000年に国土交通省によって、街並地区が「都市景観100選」に選定されました。広島県の南中部に位置します。市街地は、JR竹原駅を中心として扇状に広がる官公庁・商業地区、港を中心とした港湾・工業地区、文化財が集中する寺院等を含む街並み保存地区に大別されます。また、市の特産物であるタケノコなどの産地である小吹地区などに分類されます。元来、墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)により、京都・下鴨神社の荘園地として開墾されたのが最初とされますが、名前の由来は、「竹の原」なのか或いは荘園管理者が「竹原氏」であったからかに分かれています。室町時代後期には、毛利家三男「隆景」が、竹原で幼少期を過ごすなどありましたが、江戸後期の「塩田」と「酒造」により発展し、忠海町には関所払いができたほどです。また、塩はその当時広島県が全国の80%のシェアを占め遠く大阪や江戸まで北前船で輸送しました。尚、竹原市の高崎町阿波島周辺の「スナメリクジラ回遊海面」が1930年(昭和5年)に天然記念物保護指定されています。これは1960年代までスズキなどの魚をスナメリを目印に釣る伝統漁法によって指定されたものです。しかし保護指定にもかかわらず、スナメリは減少し、現在この漁は行われていません。なお、この関連施設として「宮島水族館」が指定されておりスナメリも飼育されています。