山口観光

萩 笠山

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業をしております観光サービスグループです。

山口観光 萩 笠山萩 笠山萩 笠山萩 笠山山口観光 萩 笠山
  • 笠山は、山口県萩市にある標高112mの活火山です。火山として世界最小(あるいは東洋最小、日本最小とも)などと称されることもあるが、火山の定義や地形学的分類により捉え方は様々であり、その序列を断定的に呼称することは無意味と考えられます。萩市の北東部海岸より日本海に突き出した陸繁島上に形成され、北長門海岸国定公園に含まれます。本土と火山を繋ぐ陸地部分には萩市最大の漁港である越ヶ浜漁港や海跡湖である明神池があります。最寄り駅は西日本旅客鉄道(JR西日本)の越ヶ浜駅で、市内から越ヶ浜行きのバスも利用可能です。越ヶ浜と言えば、広島観光タクシー BLUEBLUEが自信を持って絶賛している『ヤマタの醤油』です。今までに数々の人に紹介してきましたが、みんな口を揃えて称賛しています。車道と駐車場もあるため、山頂近くまでは乗用車で登れます。遠くからの眺めが、市女笠をかぶった女性のようであるため、「笠山」と名付けられました。笠山が学術的・観光的に注目を浴びるようになったのは、1926年(大正15年)摂政宮(後の昭和天皇)が行幸してからとされます。翌1927年(昭和2年)には、当時の所有者であり採鉱冶金学者であった都野豊之進が私財を投じて登山道を整備、豊之進の没後、1935年(昭和10年)には、息子の都濃正一が笠山一帯の私有地を萩市に寄附しており、山頂付近には都濃父子の記念碑がたてられています。