広島観光

広島で人気の観光スポットを広島観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。広島は見どころたっぷりの魅力あふれる観光都市です。日本三景の「宮島」(世界遺産)や、国の名勝「縮景園」また、原爆ドームを中心に原爆被害者に関する施設も多くあります。名物広島風お好み焼きと牡蠣、尾道ラーメンなどを堪能できます。広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメ、西の東照宮と称される耕三寺は、壮大なスケールでビックリさせられます。大理石庭園の未来心の丘も必見です。広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーの事なら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

広島 沸通寺

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、広島観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービス会社です。

 


































 

広島観光タクシー BLUEBLUEが紹介するまでもなく、みなさんご存じの紅葉スポットです。佛通寺は、広島県三原市にある寺院で臨済宗佛通寺派の本山です。紅葉時期の景観はすばらしく、県内屈指の紅葉の名所として多くの参拝者は観光客が訪れています。佛通寺は、1397年(応永4年)小早川春平の開基、愚中周及(ぐちゅう しゅうきゅう)の開山により創建されました。春平は奉公衆として京都で足利将軍家に仕えており、同僚の那珂宗泰と親しかったです。春平は宗泰から、那珂氏の所領にある天寧寺にいる愚中の名声を聞き及び、彼を招いて氏寺を建立することで、南北朝時代の動乱のさなか自立性を強めた一族内の結束を図ろうとしました。佛通寺の名は、愚中周及の師である即休契了を勧請開山とし、その諡号「仏通禅師」から取られており、場所は佳き山水の地を選んで建立されました。1409年(応永16年には後小松天皇から紫衣の着用が許されましたが、同年愚中は示寂、以後弟子たちは愚中派として臨済宗の中で一派を形成しました。1441年(嘉吉(かきつ)元年)足利将軍家の祈願所となり、小早川氏のほか毛利氏の保護も受けの帰依を受けて、最盛期には塔頭(たっちゅう)88、西日本に末寺約3000寺に上がったといいます。しかし、応仁の乱以降寺勢は衰え、小早川隆景の代でやや盛り返すも、その後の権力者の変転の中で取り残されていきました。明治維新後は、上地により寺領を失い、諸堂は荒廃していきました。1876年(明治9年)に臨済宗各派が独立すると天龍寺派に属しましたが、浅野氏の外護により、同年に含暉院が再興されその後は地蔵堂が改修され三門が建てられました。そして1905年(明治38年)には天龍寺から独立して臨済宗佛通寺派を称し、その本山となりました。

 

 

広島観光タクシー BLUEBLUE