広島 平和公園

広島観光

広島で人気の観光スポットを広島観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。広島は見どころたっぷりの魅力あふれる観光都市です。日本三景の「宮島」(世界遺産)や、国の名勝「縮景園」また、原爆ドームを中心に原爆被害者に関する施設も多くあります。名物広島風お好み焼きと牡蠣、尾道ラーメンなどを堪能できます。広島観光タクシー・広島貸切タクシー・広島ハイヤーのことならお任せください。

広島 平和公園

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

 

広島観光 広島 平和公園
広島観光 広島 平和公園
広島観光 広島 平和公園
広島観光 広島 平和公園
広島平和公園は、広島県広島市中島町にある無料の市民公園です。平和公園もしくは単に平和公園とも呼ばれます。1945年8月6日、アメリカ軍が広島市に原子爆弾を投下しました。その後、1946年11月1日に、爆心地に近い中島町内10.72haが「中島公園」として都市計画公園に指定されました。1949年11月1日には「広島平和記念都市建設法」が制定されました。世界に向けて人類の平和を願い訴えるっことと、過去の過ちを繰り返さないことを目標に、そのうち、広島平和記念資料館や原爆死没者慰霊碑の設計や、原爆ドーム・原爆死没者慰霊碑・資料館を結ぶ南北軸・資料館を中心とする3棟の建物による東西軸は実現しました。当初は現在の広島中央公園や基町中層アパート群・市営基町高層アパートの周辺も、平和公園として構想されましたが実現しませんでした。また、平和大通りについても構想にふくまれていました。公園南側の平和大橋・西平和大橋はアメリカ人彫刻家であるイサム・ノグチの設計によります。公園の建設にあたっては、敷地内の多くのバラックを撤去することとなりました。また、敷地内を走っていた古くからの繁華街の道(中島本通/かつての西国街道→國道四号)は残されることとなりました。1951年8月6日に現在の区域を平和記念施設とすることを決定し、1954年4月1日に完成しました。毎年8月6日には、平和記念式典が開催され黙祷が捧げされます。平和記念公園は被爆前も公園だったと誤った認識がありますが、被爆前は中島地区と呼ばれ幕末から明治・大正にかけて市内有数の繁華街として栄えた歴史のある街でした。広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメは、なんと言っても春の桜の花見シーズンです。

 

 

広島観光タクシー BLUEBLUE