広島観光

広島で人気の観光スポットを広島観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。広島は見どころたっぷりの魅力あふれる観光都市です。日本三景の「宮島」(世界遺産)や、国の名勝「縮景園」また、原爆ドームを中心に原爆被害者に関する施設も多くあります。名物広島風お好み焼きと牡蠣、尾道ラーメンなどを堪能できます。広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーの事なら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

呉 大和ミュージアム

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、広島観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

 

広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光 呉 大和ミュージアム
広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメの10分の1のスケールの戦艦大和は迫力満点です。呉市海軍歴史科学館は、広島県呉市にある科学館です。愛称は大和ミュージアムで、正式名称より愛称が広く定着しています。呉市を設立主体とする博物館です。戦前・戦後の呉市における船舶製造技術を主たる展示内容としています。愛称の「大和ミュージアム」が示すように、旧日本海軍の超大型軍艦「大和」の建造と軍事活動が中心となっています。明治時代以降の街あるいは軍港・鎮守府としての呉の歴史や、基幹となった製鋼や造船などの科学技術を展示することを目的に、日露戦争・日本海海戦から100年目、大東亜戦争(太平洋戦争)終戦から60年目にあたる2005年4月23日に開館しました。開館から668日目の2007年(平成19年)5月20日に来館300万人目を、1443日目の2009年(平成21年)7月4日に来館500万人目を迎えました。呉市は原子爆弾の被災地の広島市に近接し、海上自衛隊と在日アメリカ陸軍の施設が現役で稼働している安全保障問題の現場としての土地柄、修学旅行生の平和学習の場としても活用されています。構想あるいは建設に関しては、「戦争責任」について様々な意見を向ける旨もありましたが、開館以来盛況を続けており、呉市の歴史的観光資源を再発見するきっかけとして呉市を全国的観光地に一躍押し上げた立役者です。呉市の経済社会にも影響を与えており、様々なイベントが行われる地域拠点の役割も果たしています。初代館長の戸高一成は、当館の展示が戦争賛美ではなく、とくに戦艦大和建造など軍事や戦争によって発達した産業技術そのものとその使われ方(軍事目的)とは分けてとらえるべきだとしています。館の方針としては、当館を「平和学習の場」として開放するため、実物の兵器や当時の映像フィルムなどの歴史的資料を淡々と提示するかたちで意見や注釈は付けず、政治的にニュートラルな立場をとるように努めています。「歴史認識についての判断は来館者個々に任せる」という方針を採用しています。2008年度より指定管理者制度が導入され、学芸部門は引き続き呉市が、管理運営・広報などは「大和ミュージアム運営グループ」が担当しています。

 

 

広島観光タクシー BLUEBLUE