山口観光

山口で人気の観光スポットを広島観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。本州の最西端に位置する山口県は下関のフグで有名ですね。豊かな緑や美しい日本海が魅力の観光名所の宝庫です。定番の錦帯橋をはじめ歴史的貴重な史跡も多く、秋吉台や別府弁天池、萩反射炉(世界遺産)など。広島観光タクシー BLUEBLUE「イチオシ」の山口へ繰り出そう。広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーの事なら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

萩 松下村塾

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、広島観光タクシーや貸切タクシーまたハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

 

山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
山口観光 萩 松下村塾
広島観光タクシー BLUEBLUEが紹介するまでもなく、みなさんご存じの萩 松下村塾です。松下村塾は、江戸時代末期(幕末)に、長州萩城下の松本村(現在の山口県萩市)に存在した私塾です。吉田松陰が同塾で指導した短い時期の塾生の中から、幕末より明治期の日本を主導した人材を多く輩出したことで知られています。1842年(天保13年)に松陰の叔父、玉木文之進が八畳一間の私塾を開き松下村塾と名付け、少年だった松陰も入門しました。文之進の指導は非常に厳格なもので、松陰が授業中、顔にとまった蚊を追い払って殴られた話が伝わっています。ついで松陰の外叔、久保五郎左衛門がその名を継承し、塾生の教育にあたりました。松下村塾は武士や町民など身分の隔てなく塾生を受け入れました。明倫館は士分と認められた者しか入学できず、町・農民はもちろん(卒族)、軽輩と呼ばれた足軽・中間なども入学できなかったのと対照的でした。1857年(安政4年)より、廃校明倫館の塾頭を務めていた吉田松陰が同塾を引き継ぎました。名簿は現存しませんが、塾生は50名ほどいました。29歳で死刑した松陰はじめ、本塾の塾生の多くが幕末の動乱期に若くして死にました。また維新後にも多くの門下生が萩の乱に参加して死刑し、創設者の玉木文之進も責任を取る形で切腹死しています。著名な門下生は全国の倒幕の志士の総元締の役割を果たした久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一、寺島忠三郎等、また藩論を倒幕にまとめ幕府軍を打ち破った高杉晋作がいました。高杉晋作、久坂玄瑞は、「識の高杉、才の久坂」と称され、「松下村塾の双璧」と呼ばれました。また、この2人に吉田稔麿を入れて松陰門下生の三秀と言い、さらに入江九一を合わせて「松下村塾の四天王」と称されました。幕末を生き延びた伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎、山田顕義(あきよし)、野村靖、松本鼎(かなえ)、岡部富太郎、正木退蔵らは明治新政府で活躍しました。その他の出身者には、前原一誠や飯田俊則、渡辺蒿蔵(天野清三郎)、松浦松洞、増野徳民、有吉熊次郎、時山直八、駒井政五郎、中村靖男、玉木彦助、飯田正伯、杉山松助、久保清太郎、生田良佐、堺二郎、宍戸たまき(山県半蔵)らがいます。桂小五郎(後の木戸孝允)は塾生ではないものの、明倫館時代の松陰に兵学の教えを受けています。井上馨はよく松下村塾の塾生と間違えられることが多いですが、高杉・久坂らと関わりは深いものの松陰の教えを直接受けたことはありません。また乃木希典(まれすけ)は玉木家の親戚にあたり、塾生ではないが、一時玉木家に住み込んで文之進から指導を受けました。講師には松陰の他に富永有隣(ゆうりん)がいます。1858年(安政5年)、松陰が野山獄に再投獄され、また幕末動乱期に至って塾生の多くが地元を離れたため中絶しました。慶応二年にいったん再開し、馬島甫仙、河合惣太等が教授にあたりました。明治4年より再度玉木文之進が塾頭となり、塾の場所を自宅に移しました。以後の塾舎として使われた玉木文之進の旧宅もまた、萩市内に保存されています。萩の乱に前原一誠など元塾生の多数が参加し反乱の罪に問われたため、乱の鎮定後の1876年(明治9年)に責任を感じた玉木が切腹し、再度途絶しました。1880年(明治13年)頃に松陰の兄の杉民治(みんじ)が塾を再開しました。1892年(明治25年)頃、杉が老年に至って閉塾しました。

 

 

広島観光タクシー BLUEBLUE