岡山 後楽園

岡山観光

岡山で人気の観光スポットを広島観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。岡山の代表的観光地と言えば、日本三名園の「後楽園」をはじめ、レトロな街並みが魅力の「倉敷美観地区」、メディアでも話題の天空の城「備中松山城」などなど盛りだくさん。ホルモンうどんやデミグラスソースのカツ丼など岡山ならではのグルメ旅もオススメですよ。広島観光タクシー、広島貸切タクシー、広島ハイヤーの事なら【広島観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

岡山 後楽園

広島観光タクシー BLUEBLUEは、広島県広島市にて、広島観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

 

岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
岡山観光 岡山 後楽園
広島観光タクシー BLUEBLUEが紹介するまでもなく、みなさんご存じの有名んな日本庭園です。後楽園は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)で、日本三名園のひとつです。江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されています。後楽園は岡山藩主・池田綱政が岡山郡代官・津田永忠に命じて造らせたもので、1687年(貞享4年)に着工し14年の歳月をかけ1700年(元禄13年)に完成しました。岡山市内を流れ旭川をはさみ、岡山城の対岸の中州に位置します。藩主が賓客をもてなした建物・延養亭を中心とした池泉回遊式の庭園で岡山城や周辺の山を借景としています。江戸時代には延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいました。1871年(明治4年)、園内を一般公開するにあたって、これを後楽園と改めました。総面積は1330000平方メートルであり、東京ドームの約3倍です。同園は岡山県が所有管理するが、管理業務については県の外郭団体である財団法人岡山郷土文化財団が県から受託業務として行っています。町丁名の「後楽園」は本園が所在する中州のみを町域としています。

 

 

広島観光タクシー BLUEBLUE